ニキビ・ニキビ跡

ニキビとは

ニキビとは、毛穴に発生する慢性炎症性疾患、または、炎症を起こす前の状態で、以下のような症状があります。

皮脂腺から分泌された過剰な皮脂が毛穴からスムーズに排出されず、毛穴にたまった状態、毛穴に皮脂が酸化して黒くなった状態、毛穴が炎症を起こして赤くなったり、膿が溜まってしまった状態。
ニキビは、10代の成長期にできることが多く、皮脂分泌が活発なTゾーンや胸元を中心に発生します。
20代以降の大人になって出来るニキビは「吹き出物」と言われたりもします。
大人になって出来る吹き出物は口の周りやあごなどのフェイスラインやUゾーンと呼ばれる部分を中心に、繰り返しできやすい特徴があります。
これらの部分はTゾーンに比べて皮脂の分泌が少なく、乾燥しやすい部分のため、肌が硬くなることで毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

また、年齢を重ねるとターンオーバーが乱れて遅くなり、古い角質が肌に残ってしまい、肌を硬く厚くさせて毛穴を詰まらせてしまいます。
吹き出物はホルモンバランスの乱れも大きく関係していて、ストレスや睡眠不足、食生活の偏り等、生活習慣の影響を大きく受けます。

ニキビ・ニキビ跡の治療方法

保険治療:ビタミンC服用・ビタミン剤・抗菌剤服用

自費診療:ケミカルピーリングPリボーンビタミンCイオン導入・トレチノイン・ハイドロキノン・ビタミンC服用