シミ・そばかす・肝斑

シミとは

皮膚は紫外線を浴びると、メラニンを生成する細胞である「メラノサイト」が活性化され、皮膚を黒くします。これが「日やけ」のメカニズムです。通常は、表皮のターンオーバーによって、メラニンは皮膚表面に押し出され、垢とともにはがれ落ちるため、肌の色は一定に保たれます。ところが、長年紫外線のダメージが蓄積したりストレスや生活環境で、メラニンが過剰に作り続けられるようになり、ターンオーバーも乱れがちに。すると、メラニンが排出されず皮膚内部に蓄積され、シミとなります。

しみの種類と治療方法

しみにも様々な種類があり、種類に合わせた治療方法を患者様に合わせてご提供させて頂いております。一度ご相談下さい。

老人性色素斑(日光性色素斑)

40代位から主に紫外線があたりやすい顔や手背にでてくるシミです。加齢・紫外線の影響でできる茶色い色素斑です。比較的治療もしやすいシミ
です。
治療方法:Qスイッチヤグレーザー・フォトフェイシャル

そばかす・雀卵斑(じゃくらんはん)

そばかすはシミとは違い多くは遺伝性によるものです。斑点の大きさは通常のシミより小さく、鼻の周りや頬に出やすいのが特徴。顔以外の部位にも出現します。また、紫外線を浴びることで濃くなる性質があり、シミとは反対に加齢とともに薄くなることもあります。

治療方法:Qスイッチヤグレーザーフォトフェイシャル

かんぱん(肝斑)

30~40歳代の年齢層の女性に多いといわれています。妊娠によって発生したり、また、経口避妊薬(ピル)によって引き起こされる場合もあり、その原因は女性ホルモンのバランスが関係があるとされています。特に卵胞ホルモンと黄体ホルモンとの関連が指摘されている事から身体の内側やストレス・生活習慣も大きく関係があるとされています。また、日本人の皮膚は肝斑ができやすく、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいとも言われています。
かんぱんは従来シミに有効とされているレーザー治療を行ってしまうと余計に濃くさせてしまうため、禁忌とされてきました。ビタミンCやトラネキサム酸の内服が有効とされ時間がかかる事がデメリットとされてきましたが、当院では肝斑治療にも有効な最新の光美顔器を導入しました。

治療方法:フォトフェイシャルトラネキサム酸イオン導入・処方内服薬